射出成形

射出成形とは、加熱溶融させたプラスチック材料を金型内に射出注入し、
冷却・ 固化させることによって、成形品を得る方法です。

01

インサート成形

金型内にインサート部品を装填したのち、樹脂を注入してインサート品を溶融樹脂で包んで固化させ、一体化した複合部品をつくる工法です。

小野産業では家電製品や医療機器向けに、金属ナットをインサートしたケース類、金属軸をインサートしたファンなどを納入しています。

北関東 インサート成形 製品
02

フィルムインサート成形

射出成形金型にフィルムをインサートすることで、成形と同時に加飾を行う工法です。
光沢、艶消し、パターン、柄などの表面加飾が自由に行えることが大きな特徴です。

小野産業では自動車のオーディオやナビゲーションの加飾パネルとして納入しています。

北関東 フィルムインサート成形 製品
03

ガスアシスト成形

樹脂の保圧工程で高圧の窒素ガスを注入し、内部から均一に保圧することにより、ヒケ・ソリ・変形等の欠点を改善できます。また、製品の薄肉化・軽量化が可能となり大きな経済効果が得られる工法です。

小野産業では医療機器向けのハンドルなどで納入しています。

北関東 ガスアシスト成形 イメージ
ページのトップへ戻る