NEXT!

 

CNF(セルロースナノファイバー)

軽量化と強度維持の両立

【 概 要 】

高性能なセルロースナノファイバー(CNF)配合樹脂の発泡成形により軽量化と強度維持を実現しました。


【 特 徴 】

■弾性率・耐熱性の向上
高性能なCNFでの補強効果の実現しました。

■寸法安定性の向上
熱寸法変化や給水寸法変化を低減しました。

■軽量化・発泡成形特性
発泡成形時の外観やセル形成が改善しました。

※(RHCM利用により、成形品表面の発泡痕を低減)


■環境負荷低減
カーボンニュートラルを考慮しております。焼却時の燃料残渣が発生せず、マテリアル リサイクル性が良好です。


【 効 果 】

■neat樹脂との対比では、軽量化に伴う強度低下も無く、熱による寸法変化が低減しました。

■環境負荷低減と伴に、部品コスト及び生産コストの低減に寄与しております。

発泡A 発泡B

発泡A          発泡B

曲げ弾性率
引張弾性率 線膨張係数

無発泡:CNF配合樹脂の通常成形
neat:CNFを配合していない樹脂

軽量化(重量対比)

軽量化(重量対比)

ページのトップへ戻る